知財訴訟の訴状・答弁書の書き方【下巻】
知財訴訟の訴状・答弁書の書き方【下巻】
過去問の模範解答も多数掲載
訴状、答弁書に記載するべき形式的・実質的事項を法令上の根拠・要件事実から解説
ISBN978-4-904227-14-5 C2332 \6000E
共 著:横井康真 弁護士,磯田直也 弁護士
商品コード
fuki-002
標準価格
¥6,480
販売価格
¥5,832(税込)
数量:
カートに入れる
■ 下巻 〜意・商・不競編〜

第三章 実質的な記載事項(意匠権侵害訴訟)
 第1 訴状
   1.請求の趣旨
   2.請求の原因
 第2 答弁書
   1.請求の趣旨に対する答弁
   2.請求の原因に対する答弁
   3.本案前の答弁の検討

第四章 実質的な記載事項(商標権侵害訴訟)
 第1 訴状
   1.請求の趣旨
   2.請求の原因
 第2 答弁書
   1.請求の趣旨に対する答弁
   2.請求の原因に対する答弁
   3.本案前の答弁の検討

第五章 実質的な記載事項
 (不正競争防止法2条1項1号・2号)
 第1 訴状
   1.請求の趣旨
   2.請求の原因
 第2 答弁書
   1.請求の趣旨に対する答弁
   2.請求の原因に対する答弁
   3.本案前の答弁の検討

第六章 実質的な記載事項
 (不正競争防止法2条1項3号)
 第1 訴状
   1.請求の趣旨
   2.請求の原因
 第2 答弁書
   1.請求の趣旨に対する答弁
   2.請求の原因に対する答弁

推奨ブラウザはInternetExplorer11、Safari(MacOS X 10.11、iOS9)です。

Powered by OTSUKA CORPORATION since 2000